クルマのボディがサビやすい沖縄で廃車費用を抑える方法

クルマのボディがサビやすい沖縄で廃車費用を抑える方法

沖縄はどこも海から近いために、塩風がクルマのボディをサビさせる原因となり、本州のクルマと比べるとボディが傷みやすく、早く寿命がくることが多いです。

これを防ぐためには、海のそばを走ったときはこまめに洗車するとか、隅々までコーティングを施し、塩害からクルマを守るといった対策が必要になってきます。

コーティングは下回りも忘れず行う必要があります。下回りのコーティングは車検ごとにディーラーや自動車車検工場などで行うと安心です。

しかし、どれほど注意深く扱っていても、やがて寿命が来ます。

エンジンのパワーが無くなってきたり、燃費が悪くなったり、また乗り心地も悪くなっていきます。さらに、エアコンやオーディオなど電気系統が故障することも多いです。

それでもメンテナンスをしっかり行えば、まだ乗り続けることはできるでしょう。

しかし、修理にかかる費用が増えてくると、新車を購入したほうが経済的だともいえます。

寿命を迎えたクルマは買い取りが難しくなり、廃車にしなければならないこともあります。

廃車をする方法はディーラーで手続きを行うことが可能ですが、手数料などの費用が発生する場合がほとんどです。

では、どうやって費用を抑えれば良いのか?というと…。

廃車専門の買取業者に直接手続きを依頼するほうが良いでしょう。

廃車買取業者で査定をしてもらうと、無料で行ってくれるか、もしくは買取価値がある場合は買い取ってくれることもあります。

費用が発生するものが高値で買取ってもらえる場合もあるので、廃車買取業者で一度査定してもらうことを、オススメします。