出来るだけ廃車手続き代行の費用を抑えるには

乗らなくなった自動車を廃車にする手続きはそれほど難しいことではありません。

少し調べれば自分で行うことも可能です。

しかし、手続きを行う陸運支局は平日しか営業していないため、働いている方にとって時間的に自分で廃車手続きを進めるのが難しいという場合があります。

このような時には廃車手続きを代行してもらうことがおすすめです。

廃車手続きを代行してくれる業者は様々ですが、例えば、新しく自動車を買い替えるために前の自動車を廃車にするというような場合、ディーラーや車両販売店が代行してくれることがあります。

ここに費用が発生するかどうかはそれぞれの店舗によって違いますが、一般的には引取代、スクラップ代、書類手続き代が発生し、総合して1~8万円程度が必要となります。

このようにディーラーや車両販売店は基本的に費用がかかりますが、逆にお金が入ってくる場合もあります。

それは、廃車買取業者に手続き代行を依頼した場合です。

この廃車買取業者は、買取も行っているため、自動車のパーツや金属部分の査定で値がつけば一切お金がかからなかったり、お金が入ったうえで手続きを済ませることもできるのです。

ですので、出来るだけ廃車手続き代行の費用を抑えるには、こうした買取業者に査定をしてもらうことがおすすめです。