【ヴィッツを廃車に…】費用の相場とおすすめの方法について

出典:https://ja.wikipedia.org/

トヨタのコンパクトカーヴィッツは、コンパクトサイズでありながら、剛性があり、室内も広々しているのが特徴です。

初代モデルはヨーロッパ調の雰囲気が魅力の内外装が与えられ、働く女性を中心にターゲットを絞って開発されました。現行モデルは初代モデルのコンセプトを踏襲しながらも、外観などは精悍さが加わり、ボディーカラーは17色も用意されました。

また、現行モデルの注目すべき点の中に、燃費の良さもあります。

1.3Lガソリンエンジン車のJC08モード燃費は、25km/Lを実現し、これは平成32年度燃費基準を達成、エコカー減税の対象車となっています。

ヴィッツは、もともと燃費の良さでは定評がありましたが、ハイブリッドではないにも関わらず、リッター25kmを達成する燃費性能は本当に素晴らしいことです。

ヴィッツを廃車にする場合にオススメの方法

さて、古くなってヴィッツを廃車にしなければならなくなってしまった場合、ディーラーや中古車販売店で廃車を依頼すると、廃車手数料などの余計な費用が発生します。

総額にすると、廃車の費用2万円に、リサイクル料や手続きの費用などを合わせると、およそ5万円前後の金額になる計算です。

5万円は結構な出費ですよね…。何とかして抑えることは出来ないのでしょうか?

実はこの金額を、ほぼゼロ円に近い金額か、もしくは高値で買い取ってもらえる事が出来るのです。

その方法とは、廃車専門の買取業者で買取ってもらうことです。

廃車専門業者は、文字通り廃車を専門として車を買取ってくれる、業者のことです。

こういった廃車買取業者は、中古車販売店やディーラーなどが廃車をする際に取る手数料は無く、しかも車によっては、高値で買い取ってもらえる場合もあるのです。

「なぜ、廃車の車を高値で買い取れるのか?」というと、

廃車買取業者は、海外に販売ルートを持っていたり、必要な部品を取り出して販売したり、リサイクルに回したりすることで、買取価格がつくのです。

また、現在の日本国内で需要がなくても、日本車の人気は海外では結構あるため、まだ需要があることが多いのです。

そういった理由から、書類の手続きを無料で代行したりしても、高値で買い取ってもらえることが多いです。

廃車買取業者に一度査定をしてみることを、オススメします。