ローンが残っている車を廃車するときの費用はどうなるのか?

ローンが残っている車を廃車するときの費用はどうなるのか?

今回は、ローンが残っている車を廃車にする場合の費用を、状況に合わせて書きました。

ローンが残っている車を廃車するときにかかる費用は、その車の所有権がどこにあるかで異なります。

所有権が自分にあるローンを組んでいる場合は、一般的な廃車のときと同様であり、下取りや中古車業者への売却もできます。 ただし、ローンがなくなるわけではないため、返済は続けなければなりません。

所有権がディーラーや信販会社にある場合は、自分の車ではないため、許可を得なければ廃車できません。

廃車の許可を得るためにはローンの残高を一括返済するだけの費用を用意しなければなりません。

費用が足りない場合の対応として、まず中古車業者などから売却の見積もりを取り、手持ちの現金と合わせて残高を返済できれば問題ありません。

車の相場の下落や状態の悪さなどで売却しても不足が出てしまう場合、ローンの組み替えで許可が出ることがあります。

これは通常のローンと同様に審査に通らなければならないため、これまでに返済の遅延を起こしていると利用できません。

返済が困難であるという理由で廃車する場合、遅延を起こす前に手続きしなければなりません。

また、ディーラーや信販会社の判断に委ねられますが、事故などで車が損傷し、修理費が高額になってしまう場合に特例として廃車の許可が出ることがあります。

この場合は解体処分が条件となり、解体にかかる費用が必要になります。これもローンは残るので返済は続きます。