廃車手続きの費用にリサイクル料が掛かる理由

廃車手続きの費用にリサイクル料が掛かる理由

先日、10年ほど愛車として乗っていた車を処分することになりました。寂しい気持ちを抱えながら廃車の手続きを自動車販売店に取りに行ったのですが、そこで思わぬ出費を強いられる形となったのです。それがリサイクル料でした。

もともと廃車の手続きには2万円の費用が掛かります。これは言わば廃車の際に出てくる経費を申請側が負担しているようなもので、誰にでも必ず支払う義務のあるものです。

その存在は私も事前に知っていたので慌てませんでしたが、さすがにリサイクル料には驚きました。

しかもどういった車を廃車にするのかによって金額が変わり、私のは大型車だったがためにこちらでも2万円近い請求をされてしまったのです。

渋々全ての必要な費用を支払い、無事に廃車手続きは完了となりました。

廃車の際に払うリサイクル料は車検費用とセットになる

その後独自で勉強をし直した結果、軽自動車には7000円前後、普通車には2万円弱のリサイクル料が掛かることを知りました。

しかし定期的に車検に出していれば、その場所によっては車検費用とセットであらかじめリサイクル料を支払うこともあるのです。

今回私は請求されていたので、きっといつも車検に出していたところではリサイクル料までは請求していなかったのでしょう。何はともあれ、いい勉強になりました。

ちなみに、「キューブを廃車にする際に必要な費用とは」でも書きましたが、リサイクル料を支払っているかどうかは、車検を出している整備所で確認することが出来ます。

なので、一度車検を出している整備所に確認をすることをオススメします。