キューブを廃車にする際に必要な費用とは

出典:https://ja.wikipedia.org/
出典:https://ja.wikipedia.org/

今回はキューブ廃車にする場合の手段と費用について、ご説明します。

自動車を手放す際には、2つの手段があります。

  • 中古車市場に出すか
  • 廃車手続きを取るか

このどちらかが主な手段になります。

この中では中古車販売店に売るときにはそれほど難しい知識は必要ありませんが、廃車手続きを取るのであれば費用も掛かるので注意しておくべきことがあります。

そもそも廃車には、2万円の費用が掛かります。この金額はほぼ一律で変わることはなく、手数料のような認識でいいでしょう。

この手数料の2万円は、手続きを依頼する自動車販売所やディーラーに支払ってください。

キューブを廃車にする際のリサイクル料は?

それからもう1つ、廃車にする車種によってリサイクル料を支払う義務もあります。

対象の自動車がどの車種なのかで掛かる費用は変わってくるわけですが、仮にキューブの場合ですと8,000円ほどになるでしょう。

他には外国メーカーの自動車なら3万円程度、国内メーカーの普通車で1万5千円から2万円程度となります。

ただしリサイクル料に関しては、車検時にあらかじめ請求されて既に支払ってしまっている可能性が高いです。もし身に覚えがなかったとしても、一応それまで車検に出していた整備所などへ確認をしておきましょう。

万が一、二重請求になってしまうととても損をしてしまいます。

以上のように、廃車には高ければ合計で5万円前後の費用が掛かります(キューブを廃車にする場合は約3万円前後)。自動車を手放すときにはこうしたお金の確保も忘れないようにしてください。

中古車販売店で値が付かない車でも廃車買取業者に査定した方が良い

さて、ここまではキューブを手放す際の廃車費用について、ご説明しました。

しかし、廃車にする前に是非とも確認して欲しい事があります。

それは「廃車買取業者にて査定すること」です。

実は、中古車販売店で廃車扱いになり、値段が付かなかった車でも、廃車買取業者に査定をしてもらうと高値で買い取ってもらえる可能性があります。

その理由は、中古車販売店には無い解体後の部品の販売ルートや、海外への車の販売ルートを持っているためです。

たとえ廃車でも、使えるパーツがあれば、それを高値で販売できるため、高く買い取ってもらえるのです。

実際に廃車手続きの代行費用が掛かると言われた車でも、廃車買取業者に査定してもらったところ、最終的に3,8000円の利益になった事例も存在します。

【参考】→ディーラー廃車依頼すると費用は掛かるのか?

こういったことも十分考えられますので、一度廃車にする前に、廃車買取業者に査定をしてもらうことを、オススメします。