廃車に必要な費用の平均はいくらぐらい?

廃車に必要な費用の平均はいくらぐらい?

車の処分は無料ではできません。

廃車に対する一般的な費用平均は、2万円程度となります。

車種によっても異なりますし、国産車と外車によっても廃車費用は異なります。

廃車といえば抹消手続きが必要となりますが、一時的に抹消する方法と永久抹消とする方法があります。

永久抹消手続きを行うには車を解体する必要がありますので、一時的に抹消する場合よりも、費用が多くなってしまうのが一般的です。

解体する際には専門業者に依頼する必要がありますが、鉄くずや再利用できる部品を買い取ってくれる業者もありますので、依頼する業者によって料金が大きく異なる場合もあります。

走行可能な車を処分する場合には、専門業者に直接持ち込むことが可能ですが、持ち込みが困難な場合はレッカー車による引き取りが必要となります。

レッカー料金については各業者により異なりますので、廃車費用を抑えたい場合には複数の業者から見積もりを出してもらうことも大切です。

ちなみに、廃車を考える理由の一つに、売却時に査定額が付かない点があげられます。

新車ディーラーの下取り査定では、価値がない車の場合に廃車料金を取ることが多いですが、新車販売では値引きを充当するケースもみられるため、すぐに処分してしまわずに交渉することも大切です。

廃車にする前に知ってほしい廃車買取業者の存在

最近では、そういったディーラーでの下取り査定を行ってもらうよりも、廃車買取業者に買い取ってもらう場合の方が、費用面でもお得です。

理由は、鉄くずなどが再利用出来ることに加えて、要らなくなったパーツの販売で利益を得るルートを確立しているためです。

実際にディーラーに下取り分で費用を上乗せされた廃車予定の車を、廃車買取業者に査定してもらったところ、3,8000円ほどで買い取って貰えた例もあります。

【参考】→ディーラー廃車依頼すると費用は掛かるのか?

ぜひ、廃車にする前に廃車買取業者に査定してもらうことをオススメします。