【意外と掛かる…】廃車手続きを業者に依頼した時にかかる費用

廃車手続きを業者に依頼した時にかかる費用

廃車手続きを自分で行う時間がなかったり、どのような流れで行えばいいのかわからない時、ディーラーや解体業者、自動車修理工場などに手続きを代行してもらう方法があります。

しかし、この時、気になるのが「廃車手続きを業者に依頼した時にかかる費用」でしょう。

廃車にする場合、永久抹消登録と一時抹消登録があり、どちらを選ぶかによって費用が若干変わってきます。

まず永久抹消登録の場合は、車の引取代、スクラップ代、自動車リサイクル料金、廃車手続き代行費用などが発生します。

このうち、引取代とスクラップ代は依頼をする業者によって異なりますが、高くても3万円以内となることがほとんどですのでそれを目安としておくとよいでしょう。

次に自動車リサイクル料金は、車種によって値段が変わりますが、既に支払っているのであれば発生しませんので、不当な請求をされないように注意しましょう。

廃車手続き代行費用は、無料から高くても1万円台となります。

次に一時登録抹消の場合ですが、永久登録抹消の中でスクラップ代と自動車リサイクル料金を抜いた金額が主な費用となります。

どちらの方法にしても、手続き代行を依頼する業者によって料金は変わってきますので、出来るだけ安く行いたいのであれば、複数の業者を比較することが大切です。

ちなみに、廃車手続きの代行費用は無料で行ってくれるところに、廃車買取業者という物が存在します。

この廃車買取業者に査定してもらうと、一般的なディーラーや中古車販売店で査定するよりも、高値がつくことがあります。

理由は「廃車買取業者とは?無料査定を利用しよう!」でも書きましたが、

車の部品として再利用したり、鉄くずとして業者に販売するためです。

そういった販売ルートなどが確立されていないディーラーでは廃車の費用を取られてしまう車でも、廃車買取業者に頼むと高値で買い取ってもらえるというわけです。

また、そういった廃車買取業者では、手続きも無料で行ってくれるところも有ります。

なので、そういった手続きを行ってくれる廃車買取業者を選ぶと良いでしょう。

もし、あなたが廃車手続きを業者に依頼するのであれば、一度廃車買取業者に査定してもらうことをオススメします。