永久抹消による廃車にかかる費用はどのくらい?

永久抹消による廃車にかかる費用はどのくらい

自動車は名義があるほかにも、その自動車の詳細な情報が登録されています。その登録を抹消することを一般的に廃車と呼んでいますが、正式には抹消登録と言います。

その抹消登録には二種類の方法があり、関係法令の条文から15条抹消とよばれるものと16条抹消という呼び方をしているものとがあります。

このうち、一時的に抹消を行い、また後日その車両を使用する場合には、ナンバープレートの交付を受けるなどの対応が必要になってきます。

一方、永久抹消の場合は、交通事故やスクラップにして現物が無い場合に行います。このとき、その費用ですが、運輸支局にて申請を行う費用がかかる法定のものと、スクラップにする費用とがかかります。

したがって、運輸支局の費用以外にスクラップにしてもらうための手数料を業者に支払うこととなりますので、その費用の段取りが必要になってきます。

特に解体証明の発行手数料は業者ごとで異なっています。数千円程度で住む場合もあれば、1万円程度かかる場合もあるでしょう。すなわち業者次第であると言うことです。

昔はスクラップにする場合も買取をしてもらえた時代がありましたが、現在では単なるゴミですので、引取に費用がかかるようになっています。

車の廃車。永久抹消以外に手段は無いのか?

さて、ここまでが永久抹消に掛かる費用でした。

上記のように廃車にするまでに結構な費用が掛かりますので、あまりオススメはしません。

個人的にお勧めの方法は、廃車買取業者に買い取って貰うことです。

廃車買取業者では、廃車の費用が掛かるような車でも、買い取ってもらうことが出来る可能性が高いです。

「廃車買取業者とは?無料査定を利用しよう!」でも書きましたが、廃車買取業者は、部品をリサイクルして販売したり、鉄くずとして再利用したり、国外へ車を販売するなどで利益を出しています。

ですので、そういったルートを確立できていないディーラーや中古車販売店では廃車にする他無く、手数料が掛かる車でも、廃車買取業者では買い取って貰うことが出来るのです。

また、こういった面倒な手続きも廃車買取業者が代行して貰えるところがあります。

見積もりも一括で出来るので、一度試しに査定してみることをオススメします。