車検切れの車を廃車するときの費用はいくら掛かるのか?

車検切れの車は、そのままでは公道を走れません。

自分で廃車の手続きをしようと思ったら、まずは仮ナンバーをするために役所で手続きをしなければなりません。手数料は役所によって異なりますが、おおよそ750円程度です。

車が公道を走れるようになったら、解体業者などに車を持っていって解体してもらいます。解体費用としては、2万円程度になります。

車を解体したら終わりではなく、陸運支局や軽自動車検査協会の窓口で、廃車の手続きをしなければなりません。この手続きはとても面倒らしいですが、ディーラーや中古車販売店などで手続きを代行してもらうことも可能です。

しかし、ディーラーや中古車販売店で手続きを代行する場合、総額で5万円程度の費用が掛かります。

まとめると、ディーラーや中古車販売店に廃車手続きを代行して貰う場合、約7万円の費用が別途掛かります。もし、ディーラーや中古車販売店などを使わなくても、解体費用として2万円程度の費用が掛かる計算になります。

費用を一切掛けずに車検切れの車を廃車にする方法

さて、私の場合、費用はいっさいかけずに車検切れの車を廃車にできました。その方法とは、廃車の買取業者に買取をしてもらうことです。

まずはインターネット比較サイトなどを利用して、良さそうな業者を見つけます。まだ使える車なら高額で買取してもらえる可能性もあるので、一括見積もりなどをとってみるとよいでしょう。

その後、業者が来てくれて、車を実際に見たり動かしたりして、いくらで買取できるか調べてもらいます。私のときは、廃車しかないと言われましたが、それでも1000円で買取してくれると言われました。

以上の理由から、手続きの手間もかからず、費用がゼロで廃車にできる買取業者がおすすめです。