廃車費用の相場はどのくらい?廃車にかかる費用をまとめてみた

新しい車に乗り換えるときに、購入費用はもちろん大きな出費です。しかし、今の車を長年乗り続けてきた場合は、その車の廃車費用も必要になってしまいます。

まず、廃車にかかる費用ですが、一般的な相場は国産の普通車で2万円程度と言われています。

また、軽自動車では8千円程度のようですし、輸入車では2万円よりも高くなるケースが多いようです。なぜこのような表現かというと、業者により変動があるからです。業者によって変動があるものは、廃車手続きの手数料と自走できない場合の廃車引取り費用などです。

そして、一律に必要になってくる法定費用は、陸運局で「抹消登録」を行う時に、登録申請手数料350円と申請書代約100円がかかります。

なお、自分で陸運局に行けば、この法定費用だけで済んでしまいますが、廃車済みの車なので帰りには乗ることができません。近くに解体場がある場合は可能かもしれませんね。

平成17年度以降に購入または車検を受けた車であればすでに支払済みですが、リサイクル料も必要になってきます。今まで乗っていた車であれば、平成17年以降の最初の車検の時に支払いをしているので、車検証と一緒に自動車リサイクル券があると思います。

その他として、解体費用が必要になることがありますが、鉄スクラップの買い取りなどにより相殺されることもあります。

さて、以上が廃車に掛かる費用となりますが、車は配車する以外にも、別の手段があります

それは、廃車買取業者に買い取ってもらうことです。

廃車買取業者に買い取ってもらうことで、値段がつかなかった廃車も、高値で買い取ってくれる可能性があります。

【参考】→ディーラー廃車依頼すると費用は掛かるのか?

ですので、もし廃車にする場合でも、一度査定してもらう方が、建設的です。