ディーラー廃車依頼すると費用は掛かるのか?

ディーラー廃車依頼すると費用は掛かるのか?

ディーラーに廃車を依頼した時の話です。

長年愛用した車の買い替えで、ディーラーにて新車を購入した時の話ですが、走行距離が15万キロ、年式10年落ちという状態で、エアコンやエンジンの不調が出ていたので、廃車と言われました。

「廃車に費用が掛かる」と言われ、新車購入見積もりに廃車の費用分をプラスされました…。

しかし、この時友人の紹介で「廃車買取」の存在を知り、ダメ元で廃車買取に出すことにしました。

すると、廃車買取の買取価格20,000円に加えて、自賠責保険料と重量税還付金、自動車税還付金のプラス。そこから手数料は引かれたものの、それでも38,000円ほど貰う事になりました。

なぜディーラーの廃車買取は費用が掛かってしまうのか?

ディーラーでは、価値が無いと判断した車の場合、買取はせずに廃車手続きを行うのが一般的です。この時、スクラップ費用や解体費などの名目をつけて手数料を回収します。

転売可能な車両は、系列の中古車販売店に査定をさせますが、廃車の場合、専門業者に引き取らせます。車検残期間がある場合、税などの返還金が請けられ、その旨は消費者側に伝えることなく手数料のみが告げられます。

ただ、まったく無価値な車というものはなく、走行が不可能な車であれば、希少金属や中古パーツとして販売可能な部品を取り、各市場に回します。

廃車買取を行っている買取店の場合は、そういった販売ルートや修理をするためのルートが確立されているため、廃車であっても高値で買い取って貰えるのです。

ディーラーを頼って廃車を考える前に、廃車を専門に買取る業者に査定見積もりを依頼をするのが良いでしょう。

また、廃車買取の場合も中古車と同様に、できるだけ複数の買取業者に査定見積もり依頼しましょう。