軽自動車の廃車費用はどのくらい掛かるの?

軽自動車にお乗りの方は、税金面でもメンテナンス面でも普通車と比べて費用が安いです。それは廃車費用でも同様です。

軽自動車を廃車にする場合は、まず、廃車手数料と引取り費用が必要になります。引取り費用は自走できるのであれば不要ですので、車検が残っている間に業者に持ち込むようにすると節約になります。

次に、法定費用として、抹消登録の手数料が必要になります。陸運局で、登録申請手数料350円と申請書代約100円がかかります。全く乗ることがないのであれば、解体費用も必要になります。

ただ、解体した鉄スクラップは売却することが可能ですので、解体費用はほぼゼロになるケースが多いです。

業者に頼む場合は、総額で1万円程度になるようです。なお、普通車では2万円程度になりますので、大きな違いですね。

軽自動車を廃車にする以外の方法がある

さて、ここまでは軽自動車を廃車にする場合の費用を書いてきましたが、ここで、廃車以外の選択肢もご紹介します。

それは、売却です。

軽自動車は、地方では普通車よりも多く走っていますが、非常に年式が古かったり過走行であるものも少なくありません。生活の足としてなくてはならないため、軽自動車であれば古くても売れるのです。

特に、4WDであれば思いがけない高値で買い取ってもらえる可能性があります。それだけ、雪が降る地方部では、4WDの軽自動車は必須なのです。あなたの愛車を廃車をしてしまう前に、一度買取店などへ相談されると良いかもしれませんね。